製品情報

BH-60DLLSC高速三方シール自動製袋機<スタンドパック・チャックシール装置付き>

トタニ独自の先進技術でチャックシールとスタンドパック装置付きながら
高速製袋を可能にしました。

BH-60DLLSC

BH-60DLLSC 詳細

概 要 商品が目立つように立てて陳列できるスタンドパック(自立型の三方シール袋)に、開封後も保存ができるチャック(ジッパー)付きの袋が造れる製袋機です。食品・日用品など広い用途の袋が造れ、店頭での商品訴求にも貢献できます。
製袋速度 スタンドパック・チャックシール付きながらトタニ独自の技術で<最高240ショット/分>の高速製袋を可能としています。もちろん高品質で美しく、高強度のシール加工も実現。多様なスタンドパック・チャック付き袋の生産性向上に貢献できる高速自動製袋機です。
メリット BH-60DLLC」同様、チャックシール装置にはチャック部分をシールする時に起こりがちなフィルムのシワを解消するトタニ独自の「水冷式シールプレート」を標準装備。本体のフレーム長さは、スペースや用途にあわせて3種類をご用意しています。ほとんどのラミネートフィルムに対応し、コスト高になりがちな「スタンドパックシールバー」には「トタニサイズ」のスタンドパックシールバーがお使いいただけます。

整袋可能な袋の例

BH-60DLLSC

チャック付きスタンドパック2列製袋 (1列製袋も可能です。)

  • W(袋幅):60~250mm ※1
  • L(袋高さ):120~290mm(2列製袋時)、240~540mm(1列製袋時)
  • G(底ガセット深さ):20~45mm(70mm) ※2
  • A(底パンチ径 [標準]):φ15mm ※3
  • ※1 最大袋幅はヨコヒーター部に取付ける装備、およびヨコヒーター部フレーム有効長により制限される場合があります。従って上記の最大袋幅はフル装備での製袋可能寸法ではありません。
  • ※2 底ガセット深さ45mmを越える場合は広幅タテヒーター(90mm幅)が必要です。標準の60mm幅のタテヒーターの場合、通常、底ガセット深さの最大は約45mmとなります。
  • ※3 底パンチ装置は穴ピッチが30mmであれば2穴底パンチ装置としても使用可能です。

鰹節や粉末だし、キャンディ、レトルト食品用の袋はもちろん、洗剤の詰め替え用袋などの製袋にも最適。チャックによる保存性と、開閉のしやすさを両立させた袋が造れます。また自立する袋形状は、店頭での商品の訴求力アップが期待できます。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

トタニ製袋機についてのお問い合わせ、ご相談

貴社の製袋用途に対応した機種、対応寸法、個別仕様変更のご相談などはこちらから。

  • (075) 933-7610
  • (075) 933-7602
このページのトップへ